フリタフリタ

フリーランスはやめとけって、お父さんから言われたけど・・・


フリタフリタ

フリーランスエンジニアになって、最初はうまくいくかもしれないけど、歳をとると仕事がなくなるって言うんだけど、大丈夫かな?


ユウトユウト

今はサラリーマンでもリストラや倒産とかいろいろあるからね。


ユウトユウト

フリーランスは歳をとってくるとだんだん仕事がなくなるっていうけど、実際は実力次第だと思っているよ。


フリタフリタ

そうか実力次第か。親の説得材料にしたいんで、もっと詳しく教えてくれない。



皆さん、フリーランスというとどういったイメージを持っているでしょうか。

時間を自由に使えて会社員よりも多くの収入を得る。

もちろんフリーランスにはそのような一面もあります。

しかしネットで調べてみると、「フリーランスはやめとけ!」など衝撃的な言葉も。

フリーランスは成功すると非常に高い報酬を得られますが、反面失敗することもあるため非常に注意が必要です。

今回はそんなフリーランスで失敗する障壁について見ていきましょう。

1.「フリーランスはやめとけ」という最大の障壁とは


フリーランスの仕事がない人

「フリーランスはやめとけ」という最大の障壁、それはズバリ「年齢」です。

フリーランス全体の年齢分布をみると、30代が全体の50%、20代を含めると60%を占めています。

一般的に40代以降になると仕事が減少する傾向にあります。

もちろんスキルが一番ものをいう世界。

他にない高いスキルを持っているエンジニアは別ですが、同じスキルレベルのエンジニアの場合、若い方が選ばれる傾向にあります。

エンジニアの世界では短納期で一気に作り込む場合もあり、体力のある若い方が人気が集まるのでしょう。

場合によっては年齢で制限をかけているケースもあります。

次第にフリーでは仕事がなくなってくるため、それまでに人脈を形成し、バイネームで仕事が取れるように開拓しておきましょう。


2.40代になるまではエージェントを利用


上記の通り40代になるまでに人脈形成を行っておくことが重要となってきます。

それでは40歳未満のフリーランスの方はどういったことをすべきなのでしょうか。

一般的に若手のフリーランスは、エージェントを活用することが良いとされています。

次にエージェントを活用することでの利点について見ていきましょう。


2-1.仕事を紹介してもらえる


仕事の紹介を受けている人

エージェントを活用する最大の利点は、仕事を紹介してもらえることです。

エージェントは転職活動のプロ。

エンジニアの特性を的確に掴み、スキルにマッチした企業に売り込みをします。

エンジニアにとって最も難しいのは、この企業への売り込みです。

どれだけ高いスキルを持っていても、企業に知られていなければ意味がありません。

人脈の少ない若手フリーランスは、ぜひエージェントを活用して人脈を形成しましょう。


2-2.年収も増える


フリーランスで年収アップ

公開されている求人よりも、エージェントに示している条件の方が良いケースがあります。

エージェントが企業に合ったスキルのエンジニアを見極めているため、企業側としてもエージェントを活用するメリットが大きいためです。

一般求人で就職活動をするよりも、エージェントを活用することで年収が増えたという声を多く聞きます。

スキルに自信があり、年収を増やしたい方は、ぜひエージェントを活用することをおすすめします。


2-3.保険や経理関係の手続きまでサポート

フリーランスの事務手続き

エージェントは各種事務手続きもサポートしてくれます。

フリーランスになって大変なのが、経理や保険関連を自分でやらなければならないことです。

会社員の場合会社が行なっていたことを全て自分で行わなければならないのです。

それら煩わしい手続き関連も、エージェントでは代行やサポートを行います。

これによりエンジニアの仕事に専念することができるでしょう。


3.フリーランスはやめた方がいい人とは


フリーランスはやめとけという人

「フリーランスはやめとけ」という人は、40代以上かつ他と差別化できるスキルがない人です。

若手の場合、スキルがなくても今後の成長や体力を見込んで採用されるケースがあります。

しかし40代以上となってくると、人脈や他と差別化できるスキルがない場合は難しいです。

裏を返すと高齢のフリーランスでも、他にないスキルを有している場合は仕事に困ることはありません

例えばCOBOLは若手のエンジニアではできる人が少なく、高齢であっても細く長く案件獲得ができるでしょう。


4.まとめ


フリーランスで活躍している人

フリーランスは会社員とは異なり、自由に時間を活用でき高収入が見込める職業です。

しかし反面、「フリーランスはやめとけ」と言われてしまうことも。

一般的に高齢で特別なスキルや人脈のないエンジニアは、案件獲得が難しいとされています。

スキル重視の業界ですが、体力のある若手の方が採用されやすいためです。

若手エンジニアは、エージェント活用などで人脈形成を行うことをおすすめします。